ピュイスガンとその歴史

ピュイスガンの名前の由来は 山 や丘 を意味するピュイ と スガン卿の 名前とからとられたものですが、彼はシャルルマーニュ大帝が当地を戦略的な 土地として選び壮麗な城を築いた時の中尉でした。

町の歴史は豊かで波乱に富んだものです。 封建時代の素晴らしいシャトーである16世紀のモンバドン城は一般に公開されています。

ピュイスガンはジロンド地域でもっとも標高の高いエリアのひとつです。

町はサンテミリオンの北東に位置し、バルバンヌ渓谷を一望できます。南の向きと粘土石灰土壌はともに葡萄栽培に格別な好条件となっています。

小石混じりの沖積土壌がみられるエリアもあります。微気候が穏やかな冬、暑い夏、日照のよい春と秋をもたらします。

畑の稀有な条件により葡萄の実が完熟した時に収穫することが可能です。

その評判は高名なサンテミリオンの丘と向き合うという位置と1936年に AOC に認定されたという事実に起因します。

https://www.chateau-clarisse.com/wp-admin/edit.php?post_type=page